<< Uncle of mystery セカンドツーリング(往路編) >>

セカンドツーリング(復路編)

 
     すべてはこの写真が始まりでした。          幻想的な只見川の川霧。。。
e0232150_2045441.jpg


  美坂高原からタフマン★カツくんは一足先にお帰りです。
  お疲れなはずなのに、来てくれてサンクス。気をつけて帰るべし…ノシ

  さて、バーベキュー後、ずーっと携帯をいじっていたビリー情報では、福島はどしゃ振りらしい。
  ここは、一気に帰らねばと高原を後に下る途中、上記の只見川の風景が現れ…。

  川霧は珍しくない只見川ですが、あぁぁーここは写真に残したい!…でも止まれないよなぁ。
  もうすぐ国道に出ちゃう、あ~出ちゃったよ。写真はまたこの次でいいか…。などと心で葛藤
  してたら、只見川にかかる橋に入った時に奇跡?が起きた。

  K夫妻のご主人の首にかけていたタオルがふっわぁ~と落ちたのである。

  すかさず、バイクを止めて、タオルはビリーにまかせ、「写真撮っていくから、先に行ってて。」


              チャーーンス!(アスカ風…)


  さあ、急いで撮るんだ!自分。
 
  だが、なかなか納得のいくショットが撮れんのだよ!(汗
  (やはり、下り坂から見たのがベストだったな~)などと、考えてる場合じゃない。

  数枚撮ってバイクに跨り、セルをまわす。。この間5分くらいか?

  急がねば。。。

  帰りは49号で帰るって言ってたから、このまま49号線目指せば途中で追いつくだろう…。

  ふと、途中で待っててくれるかも♡キュン♡などと淡い期待がヨギル。
  だってだって、この国道252号沿いにはこの先2つも道の駅があるのだしー。

  まず、道の駅「尾瀬街道みしま宿」…何気に減速してみたが。。。
  

               先を急ぐ。

 
  ほどなく次の道の駅「会津柳津」が見えてきた…ここは広いからなァー、見えるかな~??


               見なくてよかった。


  わーん、マジ? はいはいはい、ボスはそんなに甘くない!
  お客様を待たせる不届き者なんぞ、待ってられっかー!ですね?
  はいはいはい、わかりやした。ここは、(アクセルを)まわせ、まわせ~!

  ようやく皆の姿を見つけたのは、国道49号線に出る交差点手前。
  皆は、右折して49号線に出てしまった。
  私は信号待ち。 また遅れをとった…
  やっと青になって、少しスピードをあげていくと、いたいた~♪ 見~っけ♪
  まだ前には数台の車がいるけど、常に視界に入るまでになった。ちょっと嬉しい。

  あれ、Kさんのウィンカーが右折点滅のままだ。

  しばらく走るが、Kさんはまだ気づいていない…。

  ここまで、ぼっちで走っていたからなのか、何故かKさんの点滅が私には、
  合図のように見えた。。。

          ハ ・ ヤ ・ ク ・ オ ・ イ ・ デ    …と。

  わかったよKさん、私が追いついてみせる!
  その時は点滅を教えてあげるねっ!

  もう、前には2台のミニバンだけになった。もうすぐ、もうすぐ…
  このミニバンがなかなか抜けない。でも点滅はまだ続いている。 ハ・ヤ・ク・ハ・ヤ・ク…

  信号待ちの時に、やっと追いついた。今日しんがりをお願いしたビリーがチラと気付く。
  (つーか、Kさんのウィンカー教えてやればいいのにー!)

  ついに、Kさんの横に並んだ。来たよ!Kさん!あっ、ちゃんとタオル巻いてるー!
  いやいや、それよりウィンカーが…ねっ!


               すでに消えていた。。。


  そして、Kさん、前しか見ていません。 ワタシはココよ~
  よくよく見たら、ボス、MYさんも前を見据え、信号が変わるのをただ待っているだけのようだ。
  ボスの後に乗っている息子にいたっては、何だか寝てないかい??


     置いてけぼりのツーは、ここにて終了~。

 
  その後は、河東町のスタンドで給油&休憩タイム。
  息子は高原を出る前に2本目の酔い止め薬を飲み、恐ろしいほどの睡魔に襲われたそうだ。
  雲行きが怪しいので、ここからはノンストップで帰ることに。

  だからといって、猪苗代町の交差点で信号が黄色に変わったからと、急にスピードを上げ、
  私を抜いて行った憎っくきビリー!

  そこ、アクセル開けるとこですかーっっ?

  また置いてけぼりかい。。。orz


  帰りの高森付近の路面は、さっきまで雨が降っていたようでかなりウエット状態。
  降られる事は無かったけど、慎重に土湯峠を越し福島に到着~。
  途中、K夫妻とお別れし、無事にプロテックに戻って来ました。

  自分のヘルメットがキツイからと、ボスから借りてたビリーは、ヘルメットを返すやいなや、
  のうのうと帰ってゆきました。
 

  さてさて、私が皆に追いついたのをボスは知ってたのかな?
  答えはもちろんイエスですが、追いついた私の姿を見て、まず最初に思ったのは。。。

  「来やがった」 だって。  はい、ワタクシ、強く生きます!




  K夫妻…勝手ながらブログに載せちゃいました。MYさん、ご主人のフォロー頼みます。

  タフマン★カツ…帰りは雨に降られなかったかな?暑気払いでもよろしくね。

  憎っくきビリー…もう、しんがりは頼まないよ~!暑気払いは覚悟して来るべし。



  ※この日メールをくれていたMちゃん、返事が遅れてごめんね。
    とりあえず、こんなツーだったよ。


 
 
[PR]
by mp-protec | 2011-07-22 20:46 | ツーリング
<< Uncle of mystery セカンドツーリング(往路編) >>